‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

金先物取引の税金

2015/12/21

金先物取引は将来の金の売買を約束する取引です。例えば、「半年後に金1kgを1万円で売ります」や、「1gを4000円で売ります」といったように将来のある時期における金の売買を約束します。
金先物取引は、取引を行う会社によって異なりますが、金の取引は売りからでも、買いからでもどちらからでも始めることができます。先物取引というのは、取引の担保として証拠金を預託して取引することになり、預託した証拠金の何十倍の額を取引するものなので、わずかな値動きで大きな利益になったり、逆に、大きな損失になったりします。このような金先物取引での利益、損失には税金が課されます。年間の取引における損益がプラスとなった場合、その利益に対して一律20%の税率の下、所得税として国税15%、地方税5%が課され、申告分離税となります。また、取引の結果、年間の損益がマイナスになった場合、その損失の金額を、翌年からの3年間にわたり取引による所得の金額から控除することができます。さらに、金先物取引は、国内の有価証券先物取引などの他の先物取引と損益通算することができ、その損益通算が課税対象となります。
このようにして、この取引には税が課されています。

純金積立の税金

2015/12/21

純金積立を実施しており、その取引で利益が生じた場合には一時所得とはいえ、確定申告をして納税を行なう必要が出てきます。
本来の上記納税方法については、雑所得として対応する場合が一般的ですあり、雑所得とはサラリーマンを例とした場合は会社から支給される毎月の給料所得とは別に発生する関連性のない給料以外の所得のことを指します。
通常、積み立て自体は継続して取引されておりますので、その対応中に発生した一時的な所得(売却して手元に利益としての現金が残るわけではなく、含み益として存在している状態)についての納税義務は生じませんが、その積み立て資産を売却して売却者の手元に現金として利益が入った時に納税しなければならないということです。
上記で記述している【利益】とは売却価格-(積み立てにかかる費用+必要経費)という計算式によって、利益の計算を行なった上で税金として支払わねばなりません。
純金積立会社の場合でも現段階での利益額について、提示している場合がほとんどとなりますので内容的にはわかりやすいのです。
ちなみに年収が2千万円以下の給与所得者(つまり大多数のサラリーマンがほぼこれにあたる)は、他の雑所得の収入を上記計算式と同様に確定させた場合の売却損益合計額が20万円以下であるのでしたら申告義務は発生しません。

取引時の所得税

2015/12/21

金の取引において所得税が発生するのは、すでに所有する金を含み益がある状態で売った場合に限られます。このとき、売ったときに得られる利益は課税所得として扱われ、この内の20%が実際に引かれる税金額となります。また、金の保有期間が5年以内の場合、売却益から50万円を引いた金額が課税対象となります。一方、保有期間が5年以上となると、売却益から50万円を引いた金額のさらに半額が課税対象額となります。このことから、5年以上保有し、なおかつ売却益が発生している場合の方が、売却時に有利に働く、ということです。

 

時には取引によって損失が発生する場合もありますが、そのような場合には損失額として申告することができます。またその他に金地金を相続または贈与した場合には、相続税および贈与税が発生します。このとき評価基準となるのは、相続時の金地金の時価となります。日常生活に使用されている身近な装飾品や金の置物については、それが、一個または一組当たりの評価額30万円以下のものであれば、通常、生活の範囲内の資産と判断され、売却益に対して課税されることはありません。仮に損失が発生した場合においてもその損失は無効とみなされます。

購入時の消費税

2015/12/21

1989年に3%から導入された消費税は商品購入時にかけられる税で、1997年に5%、そして17年ぶりに2014年4月から8%に引き上げられ、その後も2015年10月に10%に引き上げられる予定です。この税は国民のすべて、赤ちゃんからお年寄りまで一律にかけられるもので、必然的に、所得の少ない人にとっては所得の多い人に比べて負担が大きくなります。そのため、生活必需品などを基準に軽減税率を設定するかどうかの議論が起こっていますが、先行きは不透明です。

 
日本でのこの税は、諸外国と比べると、かなり低くなっているため、国際水準に近づけるという点では評価できるものかもしれませんが、もしも、長引く不況で賃金も上がらないままこの税が引き上げられると、日本の景気はさらに後退し、日本が抱える深刻な債務は返すことができなくなってしまい、国際的な日本の信用は失墜すると予想されています。そのため、政府は増税に備えて、大規模な経済対策を打ち出し、増税に負けないくらいの消費意欲の刺激を行う予定です。

 
このように増税と合わせて負担だけが増えないような政策が用意されているので、臆することなく商品購入をすることが景気回復につながるかもしれません。

金投資にかかる税金とは

2015/12/21

金への投資を行う場合、つまり金地金や金貨などをはじめとするいずれの金も、購入時には消費税という税金が発生します。金の小売価格は、通常、消費税込みの価格表示です。金を売る場合にも消費税が上乗せされます。つまり売る時は逆に消費税分お金が入ってきます。このため、消費税率が変わらない限り、売却時に消費税分が相殺されます。金を売る際に利益が得られた場合、その利益は所得税の課税対象となります。ただし、課税額は金の保有期間によって変化します。保有期間が5年以内の場合には、売却益から50万円を引いた金額に対して課税されます。逆に保有期間が5年以上であると、売却益から50万円を引いた額面のさらに半分の金額が課税額となります。

 

逆に売却時に損を被る場合は損失額として申告できます。また金地金の相続や贈与の場合には、相続税、贈与税が発生します。これは例えば金地金の場合、相続時(贈与時)の時価で評価されます。純金積立においては、継続的な取引とみなされるが、積立期間中の一部売却による所得は雑所得扱いとなり、事業として行っている場合は事業所得となります。継続的な取引とみなされない場合は、譲渡所得の対象となり、地金売却と同様の扱いになります。最後に金先物取引についてですが、個人が国内の商品先物取引の決済で、年間単位で利益になった場合は、その決済日を含む一年間の所得として、他の所得とは合算しない申告分離課税の扱いになります。これに加え、所得税15%、住民税15%も上乗せされます。

金の保管システムについて

2015/12/21

金地金を保有する場合、通常、金庫に入れて保存します。安全な保管方法としては、自宅で耐火金庫に入れるか、銀行等の貸し金庫を利用することです。なお、購入済みの地金についてはあらかじめ刻印内容などを記録しておくことです。万が一盗難被害に遭遇した場合は、その記録を基に盗難届を最寄りの警察に提出しなければなりません。

 

一方、自分で管理することについてどうしても不安を感じる場合は、金の取り扱い会社によって、金を預けてもらえるサービスを提供しているところもあります。次に、純金積立の場合ですが、通常は販売会社が金を保存することになります。その方法の一つである消費寄託は、複数の契約者の積立を元に買い付けた地金をリース市場で運用する方法です。万が一販売会社が倒産した場合は購入した金が返ってこなかったり目減りする場合があります。

 

もう一つの方法である特定保管は、投資信託の分離管理と同じ構造になっており、契約者が積み立てて購入した金の現物を、販売会社がそのまま保有保存するシステムです。販売会社が保有する資産とは別に管理します。このため、仮に会社が倒産しても預けた金は必ず返却してもらえます。しかし、販売会社ではこのような金は運用に利用できないことから、購入手数料などの面でのメリットを享受できないことが多くなります。

金の価格について

2015/12/21

金が他の資産と異なっている点が、何も生み出さないことです。株式を保有していれば、業績が良ければ配当金を受け取ることができます。債券を保有していれば利息収入を生み出します。また、通貨であっても金利のある限りは利息を得ることができますが、金は何も生み出しません。ですから、インカムゲインのない対象だと言われることもありますし、利息のつかないつうかと言われることもあります。

 
ですから、その価値を他の資産と比較することは難しく、価格は理論的に決めることができませんから、需給によってのみ決まるという傾向があります。例えば、最近では金は上昇を続けているのですが、その理由は新興国にあるといわれています。中国やインドなどでは金の需要が非常に大きくなってきていると言えるでしょう。もともと金を用いる文化で、生活水準が上昇してきたことが大きく影響していると考えられます。

 
供給が増えれば下落するという傾向はあります。以前に、IMFが金を放出するという噂が流れたときには、予想だけで大きく下落しました。このように、需要と供給とによって変動するという性質があり、それに合わせて保有することでしか利益を得る事ができないのです。

純金について

2015/12/21

日本では様々な投資先を選んで投資することができます。投資とは、自己資産を成長性に期待できる会社や金融商品に投資をするというものです。投資の目的は配当金や株主優待を受け取ったり、株券や金融商品の売買によって得られる利益でお金を稼ぐことです。投資はお金を使ってお金を稼ぐ方法で、上手くいけばリターンが大きく、失敗すると資産を失います。最近人気のある投資先には純金を対象にしたものがあります。金は世界中でその価値を認められている金融商品です。金は身の回りの電化製品などに使われることがあり、製品の性能向上には必要不可欠です。

 

しかし、金の生産量はそれほど多くは無く、需要過多になりがちです。不況時には資産としての価値が高くなり価格が高騰することが特徴です。金の取引を始める時は小額の投資で積み立てることができるサービスを利用することが考えられます。毎月一定の金額分だけ金を買い付けて積み立てることで、将来大きな資産として老後の資金にすることが考えられます。積み立てるメリットは買い付ける量が平均化されるので、大きな損をすることが少なく、気長に投資を続けることができます。一方でデメリットは、積み立てを始めた頃は利益などの実感が少ないことが挙げられます。

金投資のメリットデメリット

2015/12/21

まず金投資のメリットですが、金の価値は絶対に0にはならない、という点があります。また金はそのもの自体が価値のあるもの、つまり資産そのものです。取引ができなくなる、といった障害が発生しても金そのものの価値は無くなりません。このため、その他の資産と併用することにより、もしもの場合に備えてある程度の資産を蓄えておくことができます。また金は、それが発行された金融機関などによりその価値が左右されることはありません。例えば、発行する金融機関に何か問題が発生すると金融機関としての信用を失い、債権などは影響を受けます。

 

しかし、金の場合はそれ自体は資産なので影響されることがないのです。より大きなメリットとしては金が株式や債券とは違った値動きをする、という点です。そのため、株式などの資産が値下がりしている期間に、独自の動きをする金に投資することによりその損失を補える可能性があります。このようにメリットはたくさんありますが、一方でデメリットも存在します。それは利息がつかない、ということです。実物の資産であるため、運用できないということから利息はつきません。また、金の価格はさまざまな要因により価格が決定されていくため、単純な相場動向とは異なり、長期的な見通しを構築しづらく、計画的な投資には向きません。