金の保管システムについて

金地金を保有する場合、通常、金庫に入れて保存します。安全な保管方法としては、自宅で耐火金庫に入れるか、銀行等の貸し金庫を利用することです。なお、購入済みの地金についてはあらかじめ刻印内容などを記録しておくことです。万が一盗難被害に遭遇した場合は、その記録を基に盗難届を最寄りの警察に提出しなければなりません。

 

一方、自分で管理することについてどうしても不安を感じる場合は、金の取り扱い会社によって、金を預けてもらえるサービスを提供しているところもあります。次に、純金積立の場合ですが、通常は販売会社が金を保存することになります。その方法の一つである消費寄託は、複数の契約者の積立を元に買い付けた地金をリース市場で運用する方法です。万が一販売会社が倒産した場合は購入した金が返ってこなかったり目減りする場合があります。

 

もう一つの方法である特定保管は、投資信託の分離管理と同じ構造になっており、契約者が積み立てて購入した金の現物を、販売会社がそのまま保有保存するシステムです。販売会社が保有する資産とは別に管理します。このため、仮に会社が倒産しても預けた金は必ず返却してもらえます。しかし、販売会社ではこのような金は運用に利用できないことから、購入手数料などの面でのメリットを享受できないことが多くなります。

コメントは受け付けていません。