純金積立の税金

純金積立を実施しており、その取引で利益が生じた場合には一時所得とはいえ、確定申告をして納税を行なう必要が出てきます。
本来の上記納税方法については、雑所得として対応する場合が一般的ですあり、雑所得とはサラリーマンを例とした場合は会社から支給される毎月の給料所得とは別に発生する関連性のない給料以外の所得のことを指します。
通常、積み立て自体は継続して取引されておりますので、その対応中に発生した一時的な所得(売却して手元に利益としての現金が残るわけではなく、含み益として存在している状態)についての納税義務は生じませんが、その積み立て資産を売却して売却者の手元に現金として利益が入った時に納税しなければならないということです。
上記で記述している【利益】とは売却価格-(積み立てにかかる費用+必要経費)という計算式によって、利益の計算を行なった上で税金として支払わねばなりません。
純金積立会社の場合でも現段階での利益額について、提示している場合がほとんどとなりますので内容的にはわかりやすいのです。
ちなみに年収が2千万円以下の給与所得者(つまり大多数のサラリーマンがほぼこれにあたる)は、他の雑所得の収入を上記計算式と同様に確定させた場合の売却損益合計額が20万円以下であるのでしたら申告義務は発生しません。

コメントは受け付けていません。