金投資のメリットデメリット

まず金投資のメリットですが、金の価値は絶対に0にはならない、という点があります。また金はそのもの自体が価値のあるもの、つまり資産そのものです。取引ができなくなる、といった障害が発生しても金そのものの価値は無くなりません。このため、その他の資産と併用することにより、もしもの場合に備えてある程度の資産を蓄えておくことができます。また金は、それが発行された金融機関などによりその価値が左右されることはありません。例えば、発行する金融機関に何か問題が発生すると金融機関としての信用を失い、債権などは影響を受けます。

 

しかし、金の場合はそれ自体は資産なので影響されることがないのです。より大きなメリットとしては金が株式や債券とは違った値動きをする、という点です。そのため、株式などの資産が値下がりしている期間に、独自の動きをする金に投資することによりその損失を補える可能性があります。このようにメリットはたくさんありますが、一方でデメリットも存在します。それは利息がつかない、ということです。実物の資産であるため、運用できないということから利息はつきません。また、金の価格はさまざまな要因により価格が決定されていくため、単純な相場動向とは異なり、長期的な見通しを構築しづらく、計画的な投資には向きません。

コメントは受け付けていません。