購入時の消費税

1989年に3%から導入された消費税は商品購入時にかけられる税で、1997年に5%、そして17年ぶりに2014年4月から8%に引き上げられ、その後も2015年10月に10%に引き上げられる予定です。この税は国民のすべて、赤ちゃんからお年寄りまで一律にかけられるもので、必然的に、所得の少ない人にとっては所得の多い人に比べて負担が大きくなります。そのため、生活必需品などを基準に軽減税率を設定するかどうかの議論が起こっていますが、先行きは不透明です。

 
日本でのこの税は、諸外国と比べると、かなり低くなっているため、国際水準に近づけるという点では評価できるものかもしれませんが、もしも、長引く不況で賃金も上がらないままこの税が引き上げられると、日本の景気はさらに後退し、日本が抱える深刻な債務は返すことができなくなってしまい、国際的な日本の信用は失墜すると予想されています。そのため、政府は増税に備えて、大規模な経済対策を打ち出し、増税に負けないくらいの消費意欲の刺激を行う予定です。

 
このように増税と合わせて負担だけが増えないような政策が用意されているので、臆することなく商品購入をすることが景気回復につながるかもしれません。

コメントは受け付けていません。