金投資にかかる税金とは

金への投資を行う場合、つまり金地金や金貨などをはじめとするいずれの金も、購入時には消費税という税金が発生します。金の小売価格は、通常、消費税込みの価格表示です。金を売る場合にも消費税が上乗せされます。つまり売る時は逆に消費税分お金が入ってきます。このため、消費税率が変わらない限り、売却時に消費税分が相殺されます。金を売る際に利益が得られた場合、その利益は所得税の課税対象となります。ただし、課税額は金の保有期間によって変化します。保有期間が5年以内の場合には、売却益から50万円を引いた金額に対して課税されます。逆に保有期間が5年以上であると、売却益から50万円を引いた額面のさらに半分の金額が課税額となります。

 

逆に売却時に損を被る場合は損失額として申告できます。また金地金の相続や贈与の場合には、相続税、贈与税が発生します。これは例えば金地金の場合、相続時(贈与時)の時価で評価されます。純金積立においては、継続的な取引とみなされるが、積立期間中の一部売却による所得は雑所得扱いとなり、事業として行っている場合は事業所得となります。継続的な取引とみなされない場合は、譲渡所得の対象となり、地金売却と同様の扱いになります。最後に金先物取引についてですが、個人が国内の商品先物取引の決済で、年間単位で利益になった場合は、その決済日を含む一年間の所得として、他の所得とは合算しない申告分離課税の扱いになります。これに加え、所得税15%、住民税15%も上乗せされます。

コメントは受け付けていません。